アセット 1

OFFICIAL BLOG

通販戦略事例イッテントッパ!

【2021年最新 通販マーケティング事例】「日焼け止め」がコロナ禍で超進化!?

こんにちは、こんばんは

株式会社イッテントッパ代表の三村和範と申します。

通販広告・ダイレクトマーケティングの“いま”を

1分で読める記事にしてお届していきます。

 

今回のテーマは「コロナ禍における、日焼け止めの超進化」についてです。

 

例年、日焼け止めは冬が終わると同時に、各社様のチカラが入る商材。

スキンケア通販会社様にとって、夏のクロスセル筆頭ともいえます。

 

ところが、レジャーやお出かけにストップがかかるコロナ禍。

2020年のデータでは、日焼け止めの売上は

同年同月と比べ6~7割減となりました。

 

時勢もあり、日焼け止めを取り巻く環境は、

これから数年で大きく変わろうとしています。

 

で、ここで1つ質問です。

アメリカと日本の日焼け止めでは、使用目的や作りがま~ったく違うことを

ご存知ですか?

 

実はアメリカでは、日焼け止めは医薬品カテゴリーとして扱われます。

皮膚がん防止が主な目的となるからです。

日本ではシミ予防のために販売され、扱いは化粧品。

 

ひと口に日焼け止めといっても、

化粧品と医薬品というま~ったく異なる扱いなんです。

 

ここでのポイントは、日本では化粧品であることです。

配合できる成分が厳格に決まっている医薬品とは違い、

配合に融通がきくのが化粧品なんです。

 

コロナ禍でもあるし、融通をきかせることもできる。

ということで、この夏発売される日焼け止めには

単にシミ予防だけではない新たな機能が加わった印象があります。

 

例えば日焼け止めの新機能として

  • ちり、ほこり、花粉、PM2.5等の付着を防ぐ機能
  • 肌荒れまで防ぐ機能
  • 汗をかくと余計にUVブロックが強くなる機能
  • 近赤外線をカットする機能
  • 太陽光のなかでも肌にいい光は通す機能
  • ブルーライトをカットする機能

などがありますね。

 

日焼け止めは紫外線だけでなく、

外敵をマルチに防ぐ商材へと超進化を遂げようとしています。

 

通販広告を担当するものとしては、これらの魅力をあますところなく

「どう伝えることができるか?」が楽しみな部分です。

 

ちなみに…マスクをしていても日焼け防止にほぼなりません!

ほとんどのマスクはUV加工が施されていないからです。

口元にシミをつくらせないためにも、

口まわりにもしっかり塗って外出をしましょう。

 

ということで今回は、通販広告のお話というより完全な美容情報でしたね。

通販広告に長く携わると、美容・健康情報にも強くなる一例でございました(^^)

 

株式会社イッテントッパは商品立ち上げ時の

コンセプト策定、パッケージデザイン、ネーミング制作、

ランディングページ制作、記事広告作成などあらゆる側面からご支援させていただきます。

ぜひ一度ご相談くださいませ!

>>無料相談<<

通販広告から「美白」「ホワイトニング」表現がなくなる日。

 

こんにちは&こんばんは株式会社イッテントッパ代表の三村和範と申します。

通販広告・ダイレクトマーケティングの“いま”を1分で読める記事にしてお届していきます。

 

今回のテーマは『美白がなくなる時代』です。

 

いま、スキンケア業界において、

「表現と差別」というテーマが大きな関心ごととなっています。

 

その一端であるのが「美白」表現について。ここ最近、世界的な

スキンケア・トイレタリー企業が「人種の多様性議論に配慮」のうえで

「ホワイトニング」という表現の撤廃を表明してきました。

 

肌の色による優劣をなくしていこうという動きですね。

米国では黒人差別の大きな抗議が記憶に新しく、

その運動を受けての対応と読み取れます。

 

では、日本の企業はどうか…。

 

大手企業の1社が今後、数年を目処に「美白」「ホワイトニング」という

表現をやめることを宣言しました。

 

多様性の観点から議論して決めた。

美白という表現によって白い肌がベストと伝わるのは良くないと考えた。

とのことだそうです。

 

 

いまある表現が配慮に足りているかどうかという視点が、

いままで以上に問われる時代になってきました。

 

その他のナショナルブランドが追随するのか、それとも別の答えを

用意するのか動向を注目し続けなければいけない段階にあります。

 

 

一方、通販広告・ダイレクトマーケティング業界ではどうか。

 

通販業界においては、各社様いまのところは静観をしている状況に

見受けられます。通販において「表現」は「売上」に直結する重要な

ファクターであり、とくに美白商品はスキンケア会社様にとっては

アップセルの要を担うポジションです。

 

差別的な言葉を使ったままの商売を勧めているわけではありません。

ですが、まだもう少し、静観しているのが賢明のような気がしています。

 

そもそも薬機法に基づくと、美白商品は医薬部外品にあたり

「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」が本来の表現範囲でもあります。

 

いまここで表現のスタート地点に立ち返り、美白に変わる新たな表現を

どこよりも先に開発するのも良いかもしれませんね。

 

新しい時代の広告表現を一緒に考えていきましょう。

イッテントッパをぜひご指名ください。

 

何時間でも対話を重ね、

最適なプラン、戦略、クリエイティブをご提案いたします。

無料ご相談をぜひお寄せくださいませ。

ご相談はこちら